トップ  >  リファレンス  >  イベント操作  >  EventSetMillisecondTimer
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
EventSetMillisecondTimer


EventSetMillisecondTimer


EAとインジケータのタイマーイベント生成間隔(1msec単位)をクライアントターミナルへ指示します。


関数書式:
bool  EventSetMillisecondTimer(
   int  milliseconds      // 時間(分解能:1msec)
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
milliseconds - In タイマーイベントの発生間隔を1msec単位で指定します。


■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
失敗した場合はfalseを返します。

エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
この関数は、高分解能タイマーが必要な場合の為に使用します。
タイマーイベントが1秒間に2回以上発生させたい場合に使用しますが、
数秒周期のタイマーで十分の場合は、従来のEventSetTimer()関数を使用します。

通常、この関数はOnInit()関数で呼び出します。
タイマーイベントを処理するにはOnTimer()関数が必要です。

各EAと各インジケータは、自身のタイマーからのタイマーイベントを受信します。

作成されたタイマーがEventKillTimer()関数によって無効にされていない場合は、
MQL4アプリケーションシャットダウン時にタイマーは強制的に無効にされます。

各プログラムでタイマーは1つだけ起動する事が出来ます。
各MQL4プログラムアプリケーションとチャートは、
新しく受信した全てのイベントを配置する独自のキューを持っています。

キューが既にタイマーイベントを含んでいるか、またはタイマーイベントの処理中の場合は、
新しいタイマーイベントはキューに追加されません。




スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system