トップ  >  リファレンス  >  変換関数  >  TimeToString
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
TimeToString


TimeToString


datetimeデータ(1970年1月1日 0時0分0秒からの経過秒数)を"yyyy.mm.dd hh:mi"フォーマットの文字列に変換します。

関数書式:
string  TimeToString(
   datetime  value,                             // datetimeデータ
   int       mode = TIME_DATE|TIME_MINUTES   // 出力フォーマット
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
value - In datetimeデータ。
1970年1月1日 0時0分0秒からの経過秒数。
mode TIME_DATE|TIME_MINUTES In 出力フォーマット。
以下フラグを指定します。フラグは組み合わせて使用する事が出来ます。

 ・TIME_DATE:"yyyy.mm.dd"フォーマットで出力
 ・TIME_MINUTES:"hh:mi"フォーマットで出力
 ・TIME_SECONDS:"hh:mi:ss"フォーマットで出力

省略した場合は"yyyy.mm.dd hh:mi"フォーマットで出力します


■戻り値
変換された文字列を返します。


■備考
無し


サンプルソース:
#property strict

void OnInit() {
    datetime tmptime = D'2341.11.22 3:44:55';
    
    Print( TimeToString(tmptime                              ) );
    Print( TimeToString(tmptime, TIME_DATE                  ) );
    Print( TimeToString(tmptime, TIME_MINUTES              ) );
    Print( TimeToString(tmptime, TIME_SECONDS              ) );
    Print( TimeToString(tmptime, TIME_DATE | TIME_SECONDS) );
}


結果:
2341.11.22 03:44
2341.11.22
03:44
03:44:55
2341.11.22 03:44:55



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system