トップ  >  リファレンス  >  オブジェクト関数  >  ObjectGetValueByTime
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ObjectGetValueByTime


ObjectGetValueByTime


指定したオブジェクトの指定した時間での価格を返します


関数書式:
datetime  ObjectGetValueByTime(
   long       chart_id,      // チャートID
   string     object_name,   // オブジェクト名
   datetime   time,          // 時間
   int        line_id=0      // ラインID
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID
object_name - In オブジェクト名
time - In 時間
line_id - In ラインID


■戻り値
指定したオブジェクトの指定した時間の価格を返します



■備考
オブジェクトは価格座標でいくつかの値を持つ事が出来ます。

したがってラインIDを指定する必要があります。
この関数は以下オブジェクトにのみ使用出来ます。

オブジェクトタイプ オブジェクト定数
トレンドライン OBJ_TREND
角度指定トレンドライン OBJ_TRENDBYANGLE
ギャンライン OBJ_GANNLINE
等距離チャネル(2ライン) OBJ_CHANNEL
線形回帰(3ライン) OBJ_REGRESSION
標準偏差チャネル(3ライン) OBJ_STDDEVCHANNEL


サンプルソース:
void OnInit() {
    string objname ="StdDev_Channel";
    long  obj_time;
    double get_price[3];
    
    obj_time = ObjectGetInteger( 0, objname , OBJPROP_TIME,1);  // オブジェクトの2番目の時間を取得
    get_price[0]  = ObjectGetValueByTime( 0,objname , obj_time, 0 );
    get_price[1]  = ObjectGetValueByTime( 0,objname , obj_time, 1 );
    get_price[2]  = ObjectGetValueByTime( 0,objname , obj_time, 2 );

    printf("オブジェクト名:%s, 時間:%s, ラインID=0の価格:%g", objname,TimeToStr(obj_time), get_price[0] );
    printf("オブジェクト名:%s, 時間:%s, ラインID=1の価格:%g", objname,TimeToStr(obj_time), get_price[1] );
    printf("オブジェクト名:%s, 時間:%s, ラインID=2の価格:%g", objname,TimeToStr(obj_time), get_price[2] );
}

標準偏差チャネル(StdDev_Channel)のオブジェクトでテスト



結果:
オブジェクト名:StdDev_Channel, 時間:2015.05.08 05:31, ラインID=0の価格:1.12334
オブジェクト名:StdDev_Channel, 時間:2015.05.08 05:31, ラインID=1の価格:1.1241
オブジェクト名:StdDev_Channel, 時間:2015.05.08 05:31, ラインID=2の価格:1.12257



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system