トップ  >  リファレンス  >  オブジェクト関数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
オブジェクト関数



グラフィカルオブジェクトを操作する為の関数です

関数 詳細
ObjectCreate 指定したチャートに指定したタイプのオブジェトを生成します
ObjectName オブジェクトリストの指定したインデックスに対応するオブジェクト名を返します
ObjectDelete 指定した名前のオブジェクトを削除します
ObjectsDeleteAll 指定したサブウインドウから指定したタイプのオブジェクトを全て削除します
ObjectFind 指定した名前のオブジェクトを検索します
ObjectGetTimeByValue 指定したオブジェクト時間での価格を返します
ObjectGetValueByTime 指定したオブジェクト価格での時間を返します
ObjectMove 指定したオブジェクトのアンカーポイントを変更します
ObjectsTotal 指定したタイプのオブジェクト数を返します
ObjectGetDouble オブジェクトプロパティ(double)を取得します
ObjectGetInteger オブジェクトプロパティ(int)を取得します
ObjectGetString オブジェクトプロパティ(string)を取得します
ObjectSetDouble オブジェクトプロパティ(double)を設定します
ObjectSetInteger オブジェクトプロパティ(int)を設定します
ObjectSetString オブジェクトプロパティ(string)を設定します
TextSetFont 描画メソッドで使用するフォントを設定します(デフォルトはArialフォント、サイズ20)
TextOut グラフィカルリソースの作成の為にデザインされたカスタム配列(バッファ)にテキストを転送します
TextGetSize 現在のフォント設定で高さと幅を返します
ObjectDescription オブジェクトの説明を返します
ObjectGet 指定したオブジェクトのプロパティ値を返します
ObjectGetFiboDescription フィボナッチオブジェクトのレベル説明を返します
ObjectGetShiftByValue オブジェクトの座標から指定した価格に対応するバーインデックスを算出します
ObjectGetValueByShift オブジェクトの座標から指定したバーインデックスに対応する価格を算出します
ObjectSet 指定したオブジェクトのプロパティ値を変更します
ObjectSetFiboDescription フィボナッチオブジェクトレベルの説明を設定します
ObjectSetText オブジェクト説明を変更します
ObjectType オブジェクトタイプを返します


全てのグラフィカルオブジェクトは、チャート内で固有の名前を持つ必要があります。
グラフィカルオブジェクトの名前を変更すると2つのイベントが生成されます。

・古い名前のオブジェクト削除イベント
・新しい名前のオブジェクト生成イベント


オブジェクト生成後、またはオブジェクトプロパティ変更後、
ChartRedraw()関数を呼ぶ事をお勧めします。
ChartRedraw()関数は強制的にチャート(チャート内の全ての可視オブジェクトを含む)を再描画するコマンドをクライアントターミナルに送信します。

スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system