トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartIndicatorName
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ChartIndicatorName


ChartIndicatorName


指定したチャートウインドウのインジケータリスト番号に対応するインジケータ短縮名を返します



関数書式:
string  ChartIndicatorName(
   long  chart_id,      // チャートID
   int   sub_window,    // サブウインドウ番号
   int   index          // インジケータリストインデックス

   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID。
0指定は現在のチャートを意味します。
sub_window - In チャートのサブウインドウ番号。
0はメインウインドウを意味します。
index - In インジケータリストにあるインジケータインデックス。
リストの最初のインジケータが0のインデックスを持ちます。
リスト内のインジケータ数を取得するにはChartIndicatorsTotal()関数を使用します。



■戻り値
インジケータ短縮名を返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
インジケータ短縮名が明示的に設定されていない場合、コンパイラはインジケータのソースコードを含んでいるファイル名を指定します。




サンプルソース:
void OnInit() {
    string get_name;
    
    get_name = ChartIndicatorName(0,0,2);
    
    Print("現在のメインウインドウの3番目のインジケータ短縮名: ",get_name);
}





結果:
現在のメインウインドウの3番目のインジケータ短縮名: MA(200)





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system