トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartTimeOnDropped
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ChartTimeOnDropped


ChartTimeOnDropped


EAやスクリプトがドロップされたチャート位置のオープン時間を返します。


関数書式:
datetime  ChartTimeOnDropped()



■引数

無し



■戻り値
datetime型の値を返します



■備考
無し


サンプルソース:
#property strict

void OnInit() {
    Print("プログラムをドロップした位置のサブウインドウ番号:",ChartWindowOnDropped());
    Print("プログラムをドロップした位置の価格              :",ChartPriceOnDropped() );
    Print("プログラムをドロップした位置のオープン時間      :",ChartTimeOnDropped()  );
    Print("プログラムをドロップした位置のX座標             :",ChartXOnDropped()     );
    Print("プログラムをドロップした位置のY座標             :",ChartYOnDropped()     );
    

    // プログラムをドロップした位置に十字線を表示
    datetime droptime;
    double   droprate;

    ObjectsDeleteAll();
    
    droprate = ChartPriceOnDropped();
    droptime = ChartTimeOnDropped();
    ObjectCreate( "VLINE", OBJ_VLINE, 0 , droptime,0);
    ObjectCreate( "HLINE", OBJ_HLINE, 0 , 0,droprate);

}





結果:




プログラムをドロップした位置のサブウインドウ番号:0
プログラムをドロップした位置の価格              :1.10641
プログラムをドロップした位置のオープン時間      :2015.04.27 03:00:00
プログラムをドロップした位置のX座標             :117
プログラムをドロップした位置のY座標             :99





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system