スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
SeriesInfoInteger


SeriesInfoInteger


ヒストリカルデータの状態に関する情報を返します。

関数は2種類のバリアントがあります。


関数書式(直接プロパティ値を返します):
long  SeriesInfoInteger(
   string                        symbol_name,     // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES             timeframe,        // 時間軸
   ENUM_SERIES_INFO_INTEGER   prop_id          // プロパティID
   );


関数書式(関数実行の成否を返します):
bool  SeriesInfoInteger(
   string                        symbol_name,     // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES             timeframe,        // 時間軸
   ENUM_SERIES_INFO_INTEGER   prop_id          // プロパティID
   long&                         long_var,        // 取得用変数
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
symbol_name - In 通貨ペア名
timeframe - In 時間軸
prop_id - In プロパティID。
ENUM_SERIES_INFO_INTEGER列挙の値を指定します。
long_var - Out 取得したプロパティ値が設定されます



■戻り値
1つ目のバリアントの場合は、long型の値を返します。

2つ目のバリアントの場合は、指定したプロパティが有効でlong_var引数にプロパティ値が設定された時にtrueを返します。
それ以外ではfalseを返します。
エラーコードの取得は GetLastError()関数を使用します。


■備考
無し


サンプルソース:
void OnInit() {
   printf("ヒストリーデーターベース[%s,%d分足]にあるバー数                         = %d",
         Symbol(),PERIOD_M5,
         SeriesInfoInteger(Symbol(),PERIOD_M5,SERIES_BARS_COUNT));
 
   printf("ヒストリーデーターベース[%s,%d分足]にある最も新しいバー日付             = %s",
         Symbol(),PERIOD_M5,
         TimeToStr(SeriesInfoInteger(Symbol(),PERIOD_M5,SERIES_LASTBAR_DATE)));

   printf("ヒストリーデーターベース[%s,%d分足]にある最も古いバー日付               = %s",
         Symbol(),PERIOD_M5,
         TimeToStr(SeriesInfoInteger(Symbol(),PERIOD_M5,SERIES_FIRSTDATE)));
 
   printf("ヒストリーデーターベース[%s]にある最も古いバー日付(時間軸に関係無く)   = %s",
         Symbol(),
         TimeToStr(SeriesInfoInteger(Symbol(),PERIOD_M5,SERIES_SERVER_FIRSTDATE)));
}


結果:
ヒストリーデーターベース[EURGBP,5分足]にあるバー数                         = 1011
ヒストリーデーターベース[EURGBP,5分足]にある最も新しいバー日付             = 2015.04.30 13:45
ヒストリーデーターベース[EURGBP,5分足]にある最も古いバー日付               = 2015.04.27 01:35
ヒストリーデーターベース[EURGBP]にある最も古いバー日付(時間軸に関係無く)   = 2014.11.18 23:15







スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system