トップ  >  リファレンス  >  基本  >  処理  >  return処理
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
return処理


return処理は現在の関数実行を終了し、呼び出したプログラムに戻ります。
戻り値がある場合は、呼び出し関数に値を返します。
return文に代入演算子を含める事が出来ます。

戻り値がvoid型の関数はreturn文の後に値は付けません

関数の引数が無い(中括弧のみ)の場合、return文を書く事は出来ません。
サンプルソース:
int OnInit(){

    int func_ret;
    
    func_ret = CalcSum( 1 , 2 );
    function_void();
    function_void2();
    
    Print(func_ret);

    return 0;
    
}


int CalcSum( int x, int y ){
    
    int tmp_ret;    

    return( tmp_ret = x + y );

}

void function_void( void ){  // 戻り値がvoid型の関数

    return;

    Print( "この行は処理されません");

}

void function_void2(  ){     // 戻り値がvoid型の関数(引数無し)

    return;                    // コンパイルエラー。return文を書く事は出来ません。
}


return処理で返す事が出来るのは、基本的なデータ型の値、単純な構造体オブジェクトポインタです。
返す事が出来ないのは、配列、クラスオブジェクト、複雑な構造体です。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system