トップ  >  リファレンス  >  カスタムインジケータ  >  IndicatorBuffers
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
IndicatorBuffers


IndicatorBuffers


カスタムインジケータ計算に使用されるバッファ用メモリの割り当てを行います。

関数書式:
bool  IndicatorBuffers(
   int     count         // バッファ数
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
count - In 指定した値のバッファ量が割り当てられます。
指定範囲は#property indicator_buffersで設定した値 〜 512です。


■戻り値
バッファ量が正常に変更された場合はtrueを返します。
それ以外はfalseを返します。


■備考
バッファの量は512を超える事は出来ません。
また#property indicator_buffersで設定した値より小さくする事は出来ません。

IndicatorBuffers()関数は、カスタムインジケータの追加バッファを必要とする場合に使用します。
追加するバッファ量では無く、追加された後のバッファ合計量を指定して使用します。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system