トップ  >  リファレンス  >  配列関数  >  ArrayFill
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ArrayFill


ArrayFill


指定した値で配列を埋めます。

関数書式:
void  ArrayFill(
   void&  array[],      // 配列
   int    start,        // 開始インデックス
   int    count,        // セットする要素数
   void   value         // セットする値
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
array[] - Out シンプルな型の配列
start - In インデックスの開始位置。
AS_SERIESフラグ指定は無視されます。
count - In セットする要素数
value - In セットする値


■戻り値
無し


■備考
ArrayFill()関数が呼ばれると、常に通常のインデックス方向(左から右へ)で処理します。
これはArraySetAsSeries()関数を使用した配列要素へのアクセス順序変更が無視される事を意味します。

ArrayFill()関数によって処理する時、多次元配列は1次元配列として扱われます。
例えば[2][4]の様な2次元配列は、[8]の1次元配列のように扱います。
この2次元配列をfill埋めする時、インデックスの開始位置(start)に5を指定する事が出来ます。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system