トップ  >  リファレンス  >  オブジェクト関数  >  ObjectGetString
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ObjectGetString


ObjectGetString


オブジェクトプロパティの値(string)を返します
この関数は2種類のバリアントがあります。


関数書式(戻り値にプロパティ値を返す):
string  ObjectGetString(
   long     chart_id,         // チャートID
   string   object_name,      // オブジェクト名
   int      prop_id,          // プロパティID
   int      prop_modifier=0   // プロパティ修飾子
   );


関数書式(引数にプロパティ値を返す):
bool  ObjectGetString(
   long     chart_id,         // チャートID
   string   object_name,      // オブジェクト名
   int      prop_id,          // プロパティID
   int      prop_modifier,    // プロパティ修飾子
   string&   string_var       // プロパティ取得値
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID。
0は現在のチャートを意味します。
object_name - In オブジェクト名
prop_id - In オブジェクトのプロパティID。
ENUM_OBJECT_PROPERTY_STRING列挙の値を指定します。
prop_modifier (0) In プロパティの修飾子。
1つ目のバリアントでは0のデフォルト値を持っているので省略可能です。
多くのプロパティは修飾子を必要としません。

修飾子の指定はアンドリューピッチフォークとフィボナッチのオブジェクトで必要になります。
string_var - Out 取得したプロパティ値を設定します


■戻り値
1つ目のバリアントで関数を呼び出した場合、プロパティ値を返します。

2つ目のバリアントで関数を呼び出した場合、
取得したプロパティがstring_varに設定された時にtrueを返します。
それ以外ではfalseを返します

エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
無し



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system