トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  オブジェクト定数  >  ギャンオブジェクト
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ギャンオブジェクト


ギャンファン(OBJ_GANNFAN)とギャングリッド(OBJ_GANNGRID)は、
ENUM_GANN_DIRECTION列挙の値でトレンド方向を指定出来ます。


ENUM_GANN_DIRECTION
ID 詳細
GANN_UP_TREND 上昇トレンド
GANN_DOWN_TREND 下落トレンド


OBJPROP_SCALEプロパティでメインラインのスケール(pips/bar)を設定出来ます。
OBJPROP_SCALEプロパティはObjectSetDouble()関数で設定します。

サンプルソース:
#property strict
#property indicator_chart_window

//+------------------------------------------------------------------+
//| 初期化                         
//|------------------------------------------------------------------|
void OnInit(){

    ObjectsDeleteAll();
    
    string my_gann="OBJ_GANNFAN object";


    ObjectCreate(0,my_gann,OBJ_GANNFAN,0                             // ギャンファンオブジェクト作成
                   ,Time[30],Close[30]                                   //   ギャンファンのメインラインの始点
                   ,Time[0] ,Close[0] );                                 //   ギャンファンのメインラインの終点

    ObjectSetDouble(0,my_gann,OBJPROP_SCALE,10);                    // ギャンファンのスケール(pips/bar):10pips/bar
    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_DIRECTION,GANN_UP_TREND); // ギャンファントレンド:上昇トレンド

    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_WIDTH,1);                    // 線の幅
    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_STYLE,STYLE_SOLID);        // 線のスタイル:実践
    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_COLOR,clrYellow);            // 線の色
    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_SELECTABLE,true);           // オブジェクト選択状態:選択済み
    ObjectSetInteger(0,my_gann,OBJPROP_SELECTED,true);             // オブジェクト選択可否:選択可能
}







スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system