トップ  >  リファレンス  >  検査
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
検査



クライアントターミナルの状態を返します

関数 詳細
GetLastError 直近のエラーコードを返します
IsStopped MQLプログラムが動作停止するように命令された場合にtrueを返します
UninitializeReason アンロードの理由コードを返します
TerminalInfoInteger クライアントターミナルに対応するプロパティをint型で返します)
TerminalInfoDouble クライアントターミナルに対応するプロパティをdouble型で返します)
TerminalInfoString クライアントターミナルに対応するプロパティをstring型で返します)
MQLInfoInteger MQL4プログラムに対応するプロパティをint型で返します)
MQLInfoString MQL4プログラムに対応するプロパティをstring型で返します)
Symbol 現在チャートの通貨ペア名を返します
Period 現在チャートの時間軸を返します
Digits 現在通貨ペアの価格の精度を返します
Point 現在通貨ペアの小数点値を返します
IsConnected サーバーとの接続チェックします
IsDemo デモ口座かチェックします(EA用)
IsDllsAllowed dll関数呼び出し許可されているかチェックします(EA用)
IsExpertEnabled EA許可(ターミナルの「自動売買」ボタン)されているかチェックします
IsLibrariesAllowed ライブラリ関数呼び出し可能かチェックします(EA用)
IsOptimization ストラテジーテスターの最適化モード中かチェックします(EA用)
IsTesting テストモード中かチェックします
IsTradeAllowed EA取引許可(EA設定画面の「自動売買を許可する」チェックボックス)されていて、トレードビジーでないかチェックします
IsTradeContextBusy トレードビジー情報を返します
IsVisualMode ストラテジーテスターのヴィジュアルモード中かチェックします
TerminalCompany クライアントターミナルを提供した会社名を返します
TerminalName クライアントターミナル名を返します
TerminalPath クライアントターミナルを起動したパスを返します


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system