トップ  >  リファレンス  >  ファイル関数  >  FileReadString
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
FileReadString


FileReadString


ファイル内のファイルポインタの現在位置から文字列データを読み取ります


関数書式:
string  FileReadString(
   int  file_handle,    // ファイルハンドル
   int  length=0    // 文字列の長さ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
file_handle - In FileOpen()関数で返されたファイルハンドルを指定します
length 0 In 読み取る文字列の長さ


■戻り値
読み取った文字列を返します



■備考
BINファイルから読み取る場合は、読み込む文字列の長さ(length)を指定する必要があります。
TXTファイルから読み取る場合は、length指定は不要で改行文字(\n)まで読み取ります。
CSVファイルから読み取る場合は、length指定は不要で次の区切り(または行末)まで読み取ります。

ファイルがFILE_ANSIフラグで開かれている場合は、戻り値結果はUnicodeに変換されます。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system