トップ  >  リファレンス  >  共通関数  >  ResourceReadImage
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ResourceReadImage


ResourceReadImage


ResourceCreate()関数によって作成されたグラフィカルリソースや、.ex4ファイルに保存されたリソースを読み込みます。

関数書式:
bool  ResourceReadImage(
   const string      resource_name,       // 読み込むグラフィカルリソース名
   uint&             data[],              // リソースから受け取ったデータ配列
   uint&             width,               // リソース画像の幅
   uint&             height               // リソース画像の高さ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
resource_name - In 読み込むグラフィカルリソース名。
独自のリソースへのアクセスをする為、リソース名の前に"::"を付けます。
.ex4ファイルのリソースをダウンロードする場合は、
MQL4ディレクトリの相対パスを使用したファイル名とリソース名を使用する必要があります。
(例:"相対パス\\ファイル名.ex4::リソース名")
data[] - In
グラフィカルリソースからのデータを受信する為の1次元配列(または2事件配列)
img_width - In
リソース画像の幅(ピクセル単位)
img_height - In
リソース画像の高さ(ピクセル単位)


■戻り値
成功時はtrue、失敗時はfalseを返します。
エラーに関する情報を取得するにはGetLastError()関数を呼びます。


■備考
data[]配列をグラフィカルリソースを作成する為に使用する場合、
ENUM_COLOR_FORMAT列挙の
COLOR_FORMAT_ARGB_NORMALIZE または COLOR_FORMAT_XRGB_NOALPHAのカラーフォーマットを使用します。

data[]配列が2次元配列で、
widthの値がグラフィカルソースサイズ未満の場合、
ResourceReadImage()関数はfalseを返し読み取りを行いません。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system