トップ  >  リファレンス  >  基本  >  処理  >  forループ処理
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
forループ処理



書式:
for( 式1; 式2; 式3;)
    処理;



式1はループの初期値を書きます。

式2はループの終了条件を書きます。
式2の結果がtrueであれば処理が実行され、falseになるまで処理が繰り返し実行されます。
falseになると繰り返し処理が終了します。
初めからfalseの場合、一度も処理されません。

式3は繰り返し処理後に計算されます。

forループ処理はwhile文で書いた場合、以下の処理に相当します。
サンプルソース:

式1;
while(式2) {
   処理;
   式3;
};

式1〜式3はfor文で省略する事が出来ます。
但し、式1〜式3を区切るセミコロン(;)は必須です。

式2を省略した場合、式2は常にtrueを見なされます。
式1〜式3全てを省略した場合、それはwhile(true)と同じ動作をします。

また式1と式3はカンマ(,)によって結合された複数の式を使う事が出来ます。
サンプルソース:

    int icount;
    int zcount;
    
    // 通常の使用例
    for ( icount = 0; icount <= 7; icount++ ) {
        Print(icount);
    }

    // while(true)ループと同様の使用例
    icount = 0;
    for(;;) {
        Print(icount);
        if ( icount >= 7) {
            break;
        }
        icount++;
    }


    // 式1と式3に複数の式を使用した例
    for( icount = 0 , zcount = 10 ; icount <= 7 ; icount++ , zcount-- ) {
        Print( icount , zcount);
    }


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system