トップ  >  リファレンス  >  共通関数  >  ResourceFree
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ResourceFree


ResourceFree


動的に作成されたリソースを削除(メモリ解放)します。

関数書式:
bool  ResourceFree(
   const string  resource_name     // リソース名
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
resource_name - In リソース名は"::"で始まる必要があります。


■戻り値
成功時はtrue、失敗時はfalseを返します。
エラーに関する情報を取得するにはGetLastError()関数を呼びます。



■備考
ResourceFree()関数は、積極的にリソースを扱う時、MQL4アプリケーション開発者がメモリ消費量を管理出来ます。
リソースにバインドされたグラフィカルオブジェクトは、メモリから削除はされるがその後正しく表示されます。
但し、新しく作成されたグラフィカルオブジェクト(OBJ_BITMAPOBJ_BITMAP_LABEL)は削除されたリソースを使用する事は出来ません。

関数はプログラムによって作成された動的リソースのみ削除します。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system