トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  チャート定数  >  チャート表示定数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
チャート表示定数


価格チャート表示の種類を選択する方法は、ChartSetInteger()関数を使用して、
CHART_MODEプロパティにENUM_CHART_MODE列挙の値を設定します。

ENUM_CHART_MODE
ID 詳細
CHART_BARS バーチャート表示
CHART_CANDLES ローソク足チャート表示
CHART_LINE ラインチャート(終値)表示



チャートに出来高を表示方法は、ChartSetInteger()関数を使用して、
CHART_SHOW_VOLUMESプロパティにENUM_CHART_VOLUME_MODEの値を設定します。

ENUM_CHART_VOLUME_MODE
ID 詳細
CHART_VOLUME_HIDE 表示しない
CHART_VOLUME_TICK tick出来高を表示
CHART_VOLUME_REAL トレード出来高を表示


サンプルソース:
    long handle = ChartOpen("USDJPY", PERIOD_M5);                           // USDJPY 5分足チャートを開く

    if( handle != 0) {                                                         // 開いたチャートのハンドル取得していたら処理する
        ChartSetInteger(handle,CHART_SCALE         ,4);                    // チャートスケール:ズーム4
        ChartSetInteger(handle,CHART_MODE          ,CHART_CANDLES);      // ローソク足で表示
        ChartSetInteger(handle,CHART_SHOW_VOLUMES ,CHART_VOLUME_TICK); // tick出来高を表示
    }


■サンプルソース実行によって開かれたドル円5分足チャート







スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system