トップ  >  リファレンス  >  配列関数  >  ArrayMaximum
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ArrayMaximum


ArrayMaximum


1次元の数値配列で最大値を持っている要素を検索し、最大値を持っている要素のインデックスを返します。

関数書式:
int  ArrayMaximum(
   const void&   array[],               // 検索する配列
   int           count = WHOLE_ARRAY,  // 検索する要素数
   int           start = 0               // 検索を開始するインデックス位置
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
array[] - In 検索を行う数値配列
count WHOLE_ARRAY In 検索を行う要素数。
省略した場合は、配列全体を検索する。
start 0 In 検索を開始するインデックス位置。
省略した場合は先頭のインデックス[0]から検索します。


■戻り値
時系列配列を考慮し見つかった要素のインデックスを返します。
エラーが発生した場合は-1を返します。


■備考
無し


サンプルソース:

void OnInit(){
   int num_array[10]= {4, 1, 6, 3, 19, 4, 2, 2, 2, 2};
   int maxValueIdx  = ArrayMaximum(num_array,WHOLE_ARRAY,0);

   Print("最大値:",num_array[maxValueIdx]," インデックス:",maxValueIdx);

   // 結果
   // 最大値:19 インデックス:4
}



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system