トップ  >  リファレンス  >  カスタムインジケータ  >  HideTestIndicators
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
HideTestIndicators


HideTestIndicators


EAによって呼び出されるインジケータの非表示フラグを設定します。
(ストラテジーテスター向け)

関数書式:
void  FileWrite(
   bool      hide     // 非表示フラグ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
hide - In 非表示フラグ。
true:インジケータ非表示
false:インジケータ表示


■戻り値
無し



■備考
ストラテジーテスターでビジュアルモードでEAのテストが完了した時に、
非表示フラグがtrue設定の時に呼ばれたインジケータはテストチャート上に描画されません。


サンプルソース(EA)
void OnInit(){

    double get_ma;
    double get_sar;
    
    HideTestIndicators(true);                           // インジケータを非表示
    get_ma  = iMA(NULL,0, 56,0,MODE_EMA,PRICE_CLOSE,0); // SMA(56)の計算値を取得
    HideTestIndicators(false);                          // インジケータを表示
    get_sar = iSAR(NULL,0 ,2,1,0);                      // SAR(2,1)の計算値を取得

}


HideTestIndicators()関数で非表示設定をしなかった場合


ストラテジーテスターのテスト完了時、テストチャート上に使用したテクニカルインジケータが描画されます。


結果:


iMAを呼ぶ時に非表示フラグを立てているので、SMA(56)のテクニカルインジケータはテストチャート上に描画されていません。





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system