トップ  >  リファレンス  >  カスタムインジケータ  >  IndicatorSetInteger
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
IndicatorSetInteger


IndicatorSetInteger


インジケータプロパティ(int)を設定します。
この関数は2種類のバリアントがあります。

関数書式(プロパティIDを指定):
bool  IndicatorSetInteger(
   int     prop_id,           // プロパティID
   int  prop_value         // 設定値
   );


関数書式(プロパティIDと修飾子を指定):
bool  IndicatorSetInteger(
   int     prop_id,           // プロパティID
   int     prop_modifier,           // プロパティ修飾子
   int  prop_value         // 設定値
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
prop_id - In プロパティID。
ENUM_CUSTOMIND_PROPERTY_INTEGER列挙の値を指定します。
prop_modifier - In プロパティ修飾子。
レベルプロパティのみ修飾子を必要とします。
prop_value - In プロパティ値


■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
失敗した場合はfalseを返します。


■備考
#propertyを使用した場合、レベルプロパティの番号付けは1から開始します。
IndicatorSetInteger()関数を使用した場合、レベルプロパティの番号付けは0から開始します。


サンプルソース:
#property indicator_separate_window // サブウインドウに表示
#property indicator_minimum  0      // サブウインドウ高さ最小値
#property indicator_maximum  100    // サブウインドウ高さ最大値

void OnInit() {
    // インジケータレベルを2つ設定
    IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELS,2);
    
    // レベルテキスト設定
    IndicatorSetString(INDICATOR_LEVELTEXT,0,"1つ目のレベル(インデックス: 0)");
    IndicatorSetString(INDICATOR_LEVELTEXT,1,"2つ目のレベル(インデックス: 1)");
    
    // レベル値設定
    IndicatorSetDouble(INDICATOR_LEVELVALUE,0,33);
    IndicatorSetDouble(INDICATOR_LEVELVALUE,1,66);
    
    // インジケータ短縮名設定
    IndicatorSetString(INDICATOR_SHORTNAME,"テストIND");

    // レベルの色設定
    IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELCOLOR,0,clrYellow);
}


結果:





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system