トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartScreenShot
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ChartScreenShot


ChartScreenShot


指定したチャートIDのチャートのスクリーンショットをgif形式で保存します。
コマンドはチャートメッセージキューに追加され、キューが追加される前に持っているコマンドが処理された後に実行されます。


関数書式:
bool  ChartScreenShot(
   long               chart_id,                   // チャートID
   string             filename,                   // ファイル名
   int                width,                      // 幅
   int                height,                     // 高さ
   ENUM_ALIGN_MODE  align_mode = ALIGN_RIGHT  // アライメントタイプ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID
filename - In 保存ファイル名
width - In スクリーンショットの幅(ピクセル単位)
height - In スクリーンショットの高さ(ピクセル単位)
align_mode ALIGN_RIGHT In スクリーンショットの出力モード。
ENUM_ALIGN_MODE列挙の値で指定します。
ALIGN_RIGHTは右端から出力する事を意味します。



■戻り値
コマンドがチャートキューに追加された場合はtrueを返します。
それ以外はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
チャートの特定の位置のスクリーンショットを取る場合は、ChartNavigate()関数を使用してチャート位置を指定する必要があります。
スクリーンショットの水平方向のサイズがチャートウインドウよりも小さい場合、
align_modeの設定に応じて出力されます。


サンプルソース:
void OnInit() {
    ChartScreenShot(0,"testcap.gif",400,400,ALIGN_RIGHT);
}


結果:




保存されたスクリーンショット(testcap.gif)



管理人の勝手なコメント:
拡張子が自動的に付与されないので、ファイル名指定する際に.gifの拡張子が必要です。
またデータは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Files"に保存されます。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system