トップ  >  リファレンス  >  配列関数  >  ArrayFree
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ArrayFree


ArrayFree


任意の動的配列のバッファを解放します。

関数書式:
void  ArrayFree(
   void&  array[]      // 動的配列
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
array[] - In 動的配列


■戻り値
無し


■備考
多くの場合、ArrayFree()関数の使用を必要はありません。
全ての使用メモリは一度に解放される事と、インジケータバッファへのアクセスが含まれる配列の作業を考慮すると必要がありません。
バッファサイズは自動的にターミナルの幹部サブシステムによって管理されています。

アプリケーションの複雑な動的環境において、手動でメモリ管理する必要がある場合に、 ArrayFree()関数は既に不要な動的配列によって占有しているメモリを、ユーザーが明示的に即座に解放する事が出来ます。

スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system