トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  入出力定数  >  ファイルプロパティ
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ファイルプロパティ


FileGetInteger()関数はファイルのプロパティを取得する為に使用します。
ENUM_FILE_PROPERTY_INTEGER列挙のIDを引数に渡します。

ENUM_FILE_PROPERTY_INTEGER
ID 詳細
FILE_EXISTS ファイル有無チェック
FILE_CREATE_DATE 作成日
FILE_MODIFY_DATE 最終更新日
FILE_ACCESS_DATE 最終アクセス日
FILE_SIZE ファイルサイズ(バイト単位)
FILE_POSITION ファイルのポインタ位置
FILE_END ファイルの終わり記号を取得
FILE_LINE_END 行の終わり記号を取得
FILE_IS_COMMON ファイルは共有フォルダで開かれている(FILE_COMMON参照)
FILE_IS_TEXT ファイルはテキストファイルとして開かれている(FILE_TXT参照)
FILE_IS_BINARY ファイルはバイナリファイルとして開かれている(FILE_BIN参照)
FILE_IS_CSV ファイルはCSVとして開かれている(FILE_CSV参照)
FILE_IS_ANSI ファイルはANSIとして開かれている(FILE_ANSI参照)
FILE_IS_READABLE 開かれたファイルとして読み取り可能です(FILE_READ参照)
FILE_IS_WRITABLE 開かれたファイルとして書き込み可能です(FILE_WRITE参照)



FileGetInteger()関数は、2種類のコール方法があります。

■1つ目の方法
FileOpen()関数を使用して開いているファイルのハンドルを指定します。
ファイルの全てのプロパティを取得する事が出来ます。


■2つ目の方法
FileGetInteger()関数は、ファイル名を指定してファイルのプロパティを取得します。
この方法では以下のプロパティを取得出来ます。

 ・FILE_EXISTS
 ・FILE_CREATE_DATE
 ・FILE_MODIFY_DATE
 ・FILE_ACCESS_DATE
 ・FILE_SIZE

上記以外のプロパティを取得しようとすると、FileGetInteger()関数はエラーを返します。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system