トップ  >  リファレンス  >  基本  >  処理  >  式の処理
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
式の処理


式の最後にはセミコロン(;)を書きます。
代入処理

代入演算子は式で複数回使用する事が出来ます。
サンプルソース:

    int x,y,z;    

    x=3;                    // xに3を代入
    y=z=3;                  // zに3を代入し、yにz(3を代入済み)を代入
    bool equal = (x==y);    // equlにxとyの比較結果trueを代入

関数の呼び出し

関数の呼び出しは関数名の後に小括弧()をつけます。
引数がある場合(void型以外)は小括弧内に対応する型の値を書きます。
戻り値がある場合は代入演算子の右側に関数の呼び出しを書きます。
空の処理

からの処理はセミコロン(;)だけで構成されます。

スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system