スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
SetIndexArrow


SetIndexArrow


インジケータラインのアローシンボル(DRAW_ARROWタイプ)を設定します


関数書式:
void  SetIndexArrow(
   int     index,       // インジケータバッファインデックス
   int     code         // シンボルコード
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
index - In インジケータバッファインデックス。
指定範囲は0〜7です。
code - In Wingdingsフォントアローコード定数のシンボルコードを設定します


■戻り値
無し



■備考
アローコードは33〜255の範囲外のものは使用出来ません。

サンプルソース:
// インジケータウインドウ設定
#property  indicator_chart_window          // インジケータをチャートウインドウに表示

// インジケータ設定
#property  indicator_buffers   1                // インジケータバッファ:1つ設定
#property  indicator_color1    clrYellow       // インジケータ1の色:黄色
#property  indicator_width1    2                // インジケータ1の太さ:2

double ExIndLine[100];                           // インジケータバッファ:ヒストグラム用

//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//|------------------------------------------------------------------|
void init()
{
    SetIndexBuffer(0,ExIndLine);              // ExIndLineをインジケータ1に登録
    SetIndexStyle(0,DRAW_ARROW);              // ンジケータスタイルをアローコードに設定
    SetIndexArrow(0,SYMBOL_CHECKSIGN);              // アローコードをチェックサイン記号に設定

    ArrayInitialize(ExIndLine,0);              // ExIndLine配列を0で初期化
}


//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(
                const int       rates_total,    // 入力された時系列のバー数
                const int       prev_calculated,// 計算済み(前回呼び出し時)のバー数
                const datetime& time[],         // 時間
                const double&   open[],         // 始値
                const double&   high[],         // 高値
                const double&   low[],          // 安値
                const double&   close[],        // 終値
                const long&     tick_volume[],  // Tick出来高
                const long&     volume[],       // Real出来高
                const int&      spread[])       // スプレッド
{
    int icount = 0;
    int icountend;
    
    icountend = rates_total -  prev_calculated;
    if ( icountend >= rates_total ) {
        icountend = rates_total - 1;
    }

    for( icount = 0; icount <= icountend ; icount++ ) {
        if ( tick_volume[icount] > 20000 ) {  // tick出来高が20000越え時に、バッファに高値を代入
            ExIndLine[icount]  = high[icount];
        }
    }


    return(rates_total);
}






スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system