トップ  >  リファレンス  >  クライアントターミナルのグローバル変数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
クライアントターミナルのグローバル変数



グローバル変数を操作する為の関数です

クライアントターミナルのグローバル変数は、MQL4プログラムのグローバルスコープで宣言された変数と混同すべきではありません。

グローバル変数は最後のアクセスから4週間はクライアントターミナルに保存されています。
グローバル変数へのアクセスは、変数の変更だけでなく読み取りもアクセスとして判断します。

クライアントターミナルのグローバル変数は、クライアントターミナル内で起動している全てのMQL4プログラムから同時にアクセスする事が出来ます。

EAのテストで最適化する際にグローバル変数は使用されます。
クライアントターミナルとストラテジーテスターは共通のグローバル変数を共有している事に注意して下さい。
従って、グローバル変数の名前は他MQL4プログラムで使用されるグローバル変数と異なっている必要があります。
グローバル変数の名前が被っている場合、MQL4プログラムの動作やテスト結果が異常になる可能性があります。

関数 詳細
GlobalVariableCheck 指定した名前のグローバル変数の存在有無チェックをします
GlobalVariableTime グローバル変数に最後にアクセスした時間を返します
GlobalVariableDel グローバル変数の削除
GlobalVariableGet グローバル変数の値を返します
GlobalVariableName グローバル変数の名前を返します(リスト番号指定)
GlobalVariableSet グローバル変数に新しい値を設定します
GlobalVariablesFlush 全てのグローバル変数の内容を強制的にディスクへ保存します
GlobalVariableTemp グローバル変数に新しい値を設定します(ターミナルの現在のセッションでのみ存在しているグローバル変数のみ)
GlobalVariableSetOnCondition 条件付きでグローバル変数に新しい値を設定します
GlobalVariablesDeleteAll 指定した接頭辞の名前を持つグローバル変数を全て削除します
GlobalVariablesTotal グローバル変数の総数を返します


クライアントターミナルのグローバル変数は、
クライアントターミナルメニューバーの「ツール(T)」⇒「グローバル変数(V) F3」で確認出来ます。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system