トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  WindowScreenShot
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
WindowScreenShot


WindowScreenShot


現在チャートのスクリーンショットを指定した拡張子(gif,png,bmp)の形式で保存します。


関数書式:
bool  WindowScreenShot(
   string             filename,                   // ファイル名
   int                size_x,                      // 幅
   int                size_y,                     // 高さ
   int                start_bar=-1,               // 開始バー位置
   int                chart_scale=-1,                     // チャートスケール
   int                chart_mode=-1                     // 表示モード
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
filename - In 保存ファイル名。
ファイルは"ターミナルディレクトリ\MQL4\Files"フォルダに保存されます。
size_x - In スクリーンショットの幅(ピクセル単位)
size_y - In スクリーンショットの高さ(ピクセル単位)
start_bar -1 In スクリーンショットで最初に表示するバーのインデックス。
0が設定されている場合は、現在バー(最新バー)が見える状態で保存します。
値を省略した場合や負数を設定した場合、インデントを考慮したチャートの端のスクリーンショットで保存します。
chart_scale -1 In スクリーンショットのチャート水平スケール(ズーム)。
設定範囲は0〜5です。
値を省略した場合や負数を設定した場合は、現在のチャートスケールが使用されます
chart_mode -1 In チャートの表示モード。
CHART_BAR,CHART_CANDLE,CHART_LINEのいずれかを指定します。
値を省略した場合や負数を設定した場合は、現在のモードで表示されます。



■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
それ以外はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
無し

サンプルソース:
void OnInit() {
    // 現在チャートを、ラインチャート表示・スケール:2,現在バーから開始設定でスクリーンショット保存
    WindowScreenShot("test_wshot.jpg",400,400,0,2,CHART_LINE);
}





サンプルソースを実行したチャート

結果:



保存されたスクリーンショット(test_wshot.jpg)



管理人の勝手なコメント:
拡張子は自動的に付与されないので、ファイル名指定する際に拡張子までの記載が必要です。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system