トップ  >  リファレンス  >  オブジェクト関数  >  ObjectsTotal
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ObjectsTotal


ObjectsTotal


チャート内のオブジェクト数を返します。
この関数は2種類のバリアントがあります。


関数書式:
int  ObjectsTotal(
   long  chart_id,          // チャートID
   int   sub_window=-1,     // サブウインドウインデックス
   int   type=-1            // オブジェクトタイプ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID
sub_window - In サブウインドウインデックス。
0はメインウインドウを意味します。
-1は全てのチャートウインドウを意味します。
省略した場合は全てのチャートウインドウでの総数を返します。
type - In オブジェクトタイプ。
ENUM_OBJECT列挙の値を指定します
-1(EMPTY)は全てのタイプを意味します。
省略した場合は全てのタイプの総数を返します。


■戻り値
オブジェクト総数を返します。



■備考
無し



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system