トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  環境ステータス  >  通貨ペアプロパティ
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
通貨ペアプロパティ



MarketInfo()関数で使用するマーケット情報定数です。
定数は以下の通りです。

ID 詳細
MODE_LOW 1 当日安値
MODE_HIGH 2 当日高値
MODE_TIME 5 最後に受信したtickの受信時間(サーバー時間)
MODE_BID 9 最後に受信した売値
MODE_ASK 10 最後に受信した買値
MODE_POINT 11 通貨ペアのポイントサイズ(1pipsに相当する価格レートの小数点数)
MODE_DIGITS 12 通貨ペアの小数点以下の桁数
MODE_SPREAD 13 スプレッド(0.1pips単位)
MODE_STOPLEVEL 14 ストップレベル(0.1pips単位)
MODE_LOTSIZE 15 ロットサイズ(証拠金通貨ベース表示)
MODE_TICKVALUE 16 tick(決済通貨のtick)
MODE_TICKSIZE 17 tick(pips)
MODE_SWAPLONG 18 買い注文スワップ
MODE_SWAPSHORT 19 売り注文スワップ
MODE_STARTING 20 マーケット開始日(通常は先物取引で使用する)
MODE_EXPIRATION 21 マーケット期日(通常は先物取引で使用する)
MODE_TRADEALLOWED 22 トレード可能な通貨ペア
MODE_MINLOT 23 ロットの最小値
MODE_LOTSTEP 24 ロットのステップ
MODE_MAXLOT 25 最大ロット
MODE_SWAPTYPE 26 スワップ計算方法
0:pips, 1:決済通貨, 2:金利, 3:証拠金通貨
MODE_PROFITCALCMODE 27 損益計算モード
0:FX, 1:CFD, 2:先物
MODE_MARGINCALCMODE 28 証拠金計算モード
0:FX, 1:CFD, 2:先物, 3:CFDインデックス
MODE_MARGININIT 29 1ロットの初期証拠金
MODE_MARGINMAINTENANCE 30 1ロットの初期証拠金(計算モード)
MODE_MARGINHEDGED 31 1ロットの必要証拠金
MODE_MARGINREQUIRED 32 1ロットの余剰証拠金
MODE_FREEZELEVEL 33 pipsでの注文凍結レベル。
約定価格が凍結レベルの範囲内にある場合は、決済・キャンセルが出来ません。
MODE_CLOSEBY_ALLOWED 34 指定した通貨ペアがOrderCloseBy関数を使って両建てポジションを同時決済する事が許可されている場合はtrueを返します。


サンプルソース:
    Print("通貨ペア                =",Symbol());
    Print("当日安値                =",DoubleToStr(MarketInfo(Symbol(),MODE_LOW ),Digits() ));
    Print("当日高値                =",DoubleToStr(MarketInfo(Symbol(),MODE_HIGH),Digits() ));
    Print("tick受信時間            =",TimeToStr(MarketInfo(Symbol(),MODE_TIME)) , TIME_DATE | TIME_SECONDS);
    Print("売値                    =",MarketInfo(Symbol(),MODE_BID));
    Print("買値                    =",MarketInfo(Symbol(),MODE_ASK));
    Print("通貨ペアのポイント      =",DoubleToStr(MarketInfo(Symbol(),MODE_POINT),  Point ));
    Print("通貨ペアの小数点以下桁数=",(int)MarketInfo(Symbol(),MODE_DIGITS));
    Print("スプレッド(0.1pips)     =",MarketInfo(Symbol(),MODE_SPREAD));
    Print("ストップレベル(0.1pips) =",MarketInfo(Symbol(),MODE_STOPLEVEL));
    Print("ロットサイズ(基軸通貨)  =",(int)MarketInfo(Symbol(),MODE_LOTSIZE));
    Print("tick(決済通貨のtick)    =",MarketInfo(Symbol(),MODE_TICKVALUE));
    Print("tick(pips)              =",DoubleToStr(MarketInfo(Symbol(),MODE_TICKSIZE)) , Point); 
    Print("買い注文スワップ        =",MarketInfo(Symbol(),MODE_SWAPLONG));
    Print("売り注文スワップ        =",MarketInfo(Symbol(),MODE_SWAPSHORT));
    Print("トレード可能な通貨ペア  =",MarketInfo(Symbol(),MODE_TRADEALLOWED));
    Print("ロットの最小値          =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MINLOT));
    Print("ロットのステップ        =",MarketInfo(Symbol(),MODE_LOTSTEP));
    Print("最大ロット              =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MAXLOT));
    Print("スワップ計算方法        =",MarketInfo(Symbol(),MODE_SWAPTYPE));
    Print("損益計算モード          =",MarketInfo(Symbol(),MODE_PROFITCALCMODE));
    Print("証拠金計算モード        =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MARGINCALCMODE));
    Print("1ロット初期証拠金       =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MARGININIT));
    Print("1ロット初期証拠金(計算) =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MARGINMAINTENANCE));
    Print("1ロット必要証拠金       =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MARGINHEDGED));
    Print("1ロット余剰証拠金       =",MarketInfo(Symbol(),MODE_MARGINREQUIRED));
    Print("注文凍結レベル(0.1pips) =",MarketInfo(Symbol(),MODE_FREEZELEVEL)); 
    Print("\n");
出力結果:
通貨ペア                =EURAUD
当日安値                =1.38160
当日高値                =1.38658
tick受信時間            =2015.04.10 07:395
売値                    =1.3859
買値                    =1.3860
通貨ペアのポイント      =0
通貨ペアの小数点以下桁数=5
スプレッド(0.1pips)     =17
ストップレベル(0.1pips) =0
ロットサイズ(基軸通貨)  =100000
tick(決済通貨のtick)    =92.867
tick(pips)              =0.000010000
買い注文スワップ        =-20.8
売り注文スワップ        =9.98
トレード可能な通貨ペア  =1
ロットの最小値          =0.01
ロットのステップ        =0.01
最大ロット              =500
スワップ計算方法        =0
損益計算モード          =0
証拠金計算モード        =0
1ロット初期証拠金       =100000
1ロット初期証拠金(計算) =100000
1ロット必要証拠金       =50000
1ロット余剰証拠金       =600000
注文凍結レベル(0.1pips) =0

FXCMジャパン証券での結果です。
サンプルソース実行時の決済通貨(AUD)の円建て(AUD/JPY)価格は92.867円です。
FXCMジャパン証券のMT4口座が、最小ロット1,000通貨(lot:0.01)、上限ロット5,000,000通貨(lot:500.00)の時の結果です。




現在のマーケット情報を取得するには、
SymbolInfoInteger(), SymbolInfoDouble() , SymbolInfoString()関数を使用します。
第1引数に通貨ペア名を設定し、
第2引数にENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER列挙, ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE列挙, ENUM_SYMBOL_INFO_STRING列挙の定数を設定します。

ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER
ID 詳細
SYMBOL_SELECT 気配値表示で選択された通貨ペア。
気配値表示で通貨ペアを非表示にする事が出来ますが、非表示でも選択する事が出来ます。
bool
SYMBOL_VISIBLE 気配値表示で表示されている通貨ペア。
通貨ペアは自動的に選択されますが、通常は気配値表示に表示されません。表示させるには明示的に選択しなければなりません。
bool
SYMBOL_SESSION_DEALS サポートしていません long
SYMBOL_SESSION_BUY_ORDERS サポートしていません long
SYMBOL_SESSION_SELL_ORDERS サポートしていません long
SYMBOL_VOLUME サポートしていません long
SYMBOL_VOLUMEHIGH サポートしていません long
SYMBOL_VOLUMELOW サポートしていません long
SYMBOL_TIME 最後のクォート時間 datetime
SYMBOL_DIGITS 価格の小数点以下の桁数 int
SYMBOL_SPREAD_FLOAT スプレッド bool
SYMBOL_SPREAD スプレッド(0.1pips単位) int
SYMBOL_TRADE_CALC_MODE 約定価格計算モード int
SYMBOL_TRADE_MODE 注文執行タイプ ENUM_SYMBOL_TRADE_MODE
SYMBOL_START_TIME トレード開始日(先物用) datetime
SYMBOL_EXPIRATION_TIME トレード期日(先物用) datetime
SYMBOL_TRADE_STOPS_LEVEL Minimal indention in points from
the current close price to place Stop orders
int
SYMBOL_TRADE_FREEZE_LEVEL Distance to freeze trade operations in points int
SYMBOL_TRADE_EXEMODE 取引実行モード ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTION
SYMBOL_SWAP_MODE スワップ計算方法 int
SYMBOL_SWAP_ROLLOVER3DAYS 3日間スワップロールオーバーする日 ENUM_DAY_OF_WEEK
SYMBOL_EXPIRATION_MODE サポートしていません int
SYMBOL_FILLING_MODE サポートしていません int
SYMBOL_ORDER_MODE サポートしていません int




SymbolInfoDouble()関数用の定数:

ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE
ID 詳細
SYMBOL_BID 売値 double
SYMBOL_BIDHIGH サポートしていません double
SYMBOL_BIDLOW サポートしていません double
SYMBOL_ASK 買値 double
SYMBOL_ASKHIGH サポートしていません double
SYMBOL_ASKLOW サポートしていません double
SYMBOL_LAST サポートしていません double
SYMBOL_LASTHIGH サポートしていません double
SYMBOL_LASTLOW サポートしていません double
SYMBOL_POINT 通貨ペアのポイント double
SYMBOL_TRADE_TICK_VALUE SYMBOL_TRADE_TICK_VALUE_PROFITの値 double
SYMBOL_TRADE_TICK_VALUE_PROFIT サポートしていません double
SYMBOL_TRADE_TICK_VALUE_LOSS サポートしていません double
SYMBOL_TRADE_TICK_SIZE Minimal price change double
SYMBOL_TRADE_CONTRACT_SIZE Trade contract size double
SYMBOL_VOLUME_MIN Minimal volume for a deal double
SYMBOL_VOLUME_MAX Maximal volume for a deal double
SYMBOL_VOLUME_STEP Minimal volume change step for deal execution double
SYMBOL_VOLUME_LIMIT サポートしていません double
SYMBOL_SWAP_LONG 買いスワップ double
SYMBOL_SWAP_SHORT 売りスワップ double
SYMBOL_MARGIN_INITIAL 初期証拠金は1lotでオーダーする為に必要な証拠金を意味します。
これはマーケットにエントリーする時にクライアントの資産をチェックするのに使用します。
double
SYMBOL_MARGIN_MAINTENANCE 必要証拠金 double
SYMBOL_MARGIN_LONG サポートしていません double
SYMBOL_MARGIN_SHORT サポートしていません double
SYMBOL_MARGIN_LIMIT サポートしていません double
SYMBOL_MARGIN_STOP サポートしていません double
SYMBOL_MARGIN_STOPLIMIT サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_VOLUME サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_TURNOVER サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_INTEREST サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_BUY_ORDERS_VOLUME サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_SELL_ORDERS_VOLUME サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_OPEN サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_CLOSE サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_AW サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_PRICE_SETTLEMENT サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_PRICE_LIMIT_MIN サポートしていません double
SYMBOL_SESSION_PRICE_LIMIT_MAX サポートしていません double





SymbolInfoString()関数用の定数:

ENUM_SYMBOL_INFO_STRING
ID 詳細
SYMBOL_CURRENCY_BASE 通貨ペアの基軸通貨 string
SYMBOL_CURRENCY_PROFIT 通貨ペアの決済通貨 string
SYMBOL_CURRENCY_MARGIN 証拠金の通貨 string
SYMBOL_DESCRIPTION 通貨ペアの説明 string
SYMBOL_PATH 通貨ペアツリーのパス string



いくつか取引を限定するモードがあります。
特定の取引モードについてはENUM_SYMBOL_TRADE_MODE列挙で指定します。

ENUM_SYMBOL_TRADE_MODE
ID 詳細
SYMBOL_TRADE_MODE_DISABLED トレード禁止
SYMBOL_TRADE_MODE_LONGONLY(※1) 買いのみ許可
SYMBOL_TRADE_MODE_SHORTONLY(※1) 売りのみ許可
SYMBOL_TRADE_MODE_CLOSEONLY 決済のみ許可
SYMBOL_TRADE_MODE_FULL 制限無し


※1:この定数はMQL4では使用されていません。


いくつか取引の注文執行モードは
ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTION列挙で指定します。

ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTION
ID 詳細
SYMBOL_TRADE_EXECUTION_REQUEST リクエストによる注文
SYMBOL_TRADE_EXECUTION_INSTANT INSTANT EXECUTION
SYMBOL_TRADE_EXECUTION_MARKET MARKET EXECUTION
SYMBOL_TRADE_EXECUTION_EXCHANGE(※1) 取引の注文



※1:この定数はMQL4では使用されていません。

ENUM_DAY_OF_WEEK列挙は曜日指定に使用します。
ENUM_DAY_OF_WEEK
ID 詳細
SUNDAY 日曜日
MONDAY 月曜日
TUESDAY 火曜日
WEDNESDAY 水曜日
THURSDAY 木曜日
FRIDAY 金曜日
SATURDAY 土曜日


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system