トップ  >  リファレンス  >  定義済み変数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
定義済み変数


各実行可能MQL4プログラムは定義済み変数のセットをサポートしています。
これは現時点のMQL4プログラム(EA,スクリプト,カスタムインジケータ)によって、現在価格チャートの状態を反映します。

MQL4プログラムが開始される前に、クライアントターミナルによって事前に定義された変数の値がセットされます、
事前定義された変数はMQL4プログラムから変更する事は出来ません。
例外として、_LastError変数はResetLastError()関数によって0にリセットする事が出来ます。

変数
_Digits 価格の小数点以下の桁数
_Point 現在の通貨ペアでの、価格の小数点値
_LastError 直近のエラーコード
_Period 現在チャートの時間軸
_RandomSeed 整数の疑似乱数
_StopFlag プログラム停止フラグ
_Symbol 現在チャートの通貨ペア名
_UninitReason UnInit理由コード
Ask 現在の通貨ペアの買値(最新の売り手の価格)
Bars 現在チャートのバー数
Bid 現在の通貨ペアの売値(最新の買い手の価格)
Close 現在チャートの各バーの終値配列
Digits 現在の通貨ペアでの、価格の小数点以下の桁数
High 現在チャートの各バーの高値配列
Low 現在チャートの各バーの安値配列
Open 現在チャートの各バーの始値配列
Point 現在の通貨ペアでの、価格の小数点値
Time 現在チャートの各バーの時間配列
Volume 現在チャートの各バーの出来高配列



事前定義された変数は、ライブラリで定義する事は出来ません。
ライブラリは、ライブラリから呼ばれた呼ばれたプログラム内で定義された変数を使用します。


サンプルソース:

void OnInit(){

    Print("通貨ペア名          = ",_Symbol);
    Print("時間軸              = ",_Period);
    Print("買値                = ",DoubleToStr( Ask , Digits ));
    Print("売値                = ",DoubleToStr( Bid , Digits ));
    Print("価格の小数点以下桁数= ",Digits);
    Print("価格の小数点以下桁数= ",_Digits);
    Print("価格の小数点値      = ",DoubleToStr(_Point , Digits ));
    Print("価格の小数点値      = ",DoubleToStr(Point  , Digits ));
    Print("チャートのバー数    = ",Bars);
    Print("始値                = ",DoubleToStr( Open[0]  , Digits ));
    Print("終値                = ",DoubleToStr( Close[0] , Digits ));
    Print("高値                = ",DoubleToStr( High[0]  , Digits ));
    Print("安値                = ",DoubleToStr( Low[0]   , Digits ));
    Print("バーの時間          = ",TimeToStr(Time[0]));
    Print("出来高              = ",Volume[0]);
    Print("直近エラーコード    = ",_LastError);
    Print("乱数整数            = ",_RandomSeed);
    Print("ストップフラグ      = ",_StopFlag);
    Print("UnInit理由コード    = ",_UninitReason);   

}


結果(EUR/AUD 5分足):
通貨ペア名          = EURAUD
時間軸              = 5
買値                = 1.38473
売値                = 1.38455
価格の小数点以下桁数= 5
価格の小数点以下桁数= 5
価格の小数点値      = 0.00001
価格の小数点値      = 0.00001
チャートのバー数    = 1492
始値                = 1.38450
終値                = 1.38444
高値                = 1.38463
安値                = 1.38434
バーの時間          = 2015.04.17 07:25
出来高              = 179
直近エラーコード    = 0
乱数整数            = 8995064
ストップフラグ      = 0
UnInit理由コード    = 0


結果(USD/JPY 日足):
通貨ペア名          = USDJPY
時間軸              = 1440
買値                = 119.023
売値                = 119.014
価格の小数点以下桁数= 3
価格の小数点以下桁数= 3
価格の小数点値      = 0.001
価格の小数点値      = 0.001
チャートのバー数    = 250
始値                = 118.987
終値                = 119.004
高値                = 119.126
安値                = 118.877
バーの時間          = 2015.04.17 00:00
出来高              = 21955
直近エラーコード    = 0
乱数整数            = 9527636
ストップフラグ      = 0
UnInit理由コード    = 0

スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system