トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  オブジェクト定数  >  オブジェクトの可視性
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
オブジェクトの可視性


オブジェクトを表示するチャート時間軸を設定します。

OBJPROP_TIMEFRAMESのプロパティに以下表の値で設定します。
値の設定/取得は、ObjectSet()関数,ObjectGet()関数,ObjectSetInteger()関数,ObjectGetInteger()関数を用います。
設定値はbit設定なので、複数の時間軸を組み合わせる事が出来ます。

ID 詳細
OBJ_NO_PERIODS,
EMPTY
-1 全ての時間軸チャートに表示しない
OBJ_PERIOD_M1 0x0001 1分チャートに表示する
OBJ_PERIOD_M5 0x0002 5分チャートに表示する
OBJ_PERIOD_M15 0x0004 15分チャートに表示する
OBJ_PERIOD_M30 0x0008 30分チャートに表示する
OBJ_PERIOD_H1 0x0010 1時間チャートに表示する
OBJ_PERIOD_H4 0x0020 4時間チャートに表示する
OBJ_PERIOD_D1 0x0040 1日チャートに表示する
OBJ_PERIOD_W1 0x080 1週間チャートに表示する
OBJ_PERIOD_MN1 0x0100 1ヶ月チャートに表示する
OBJ_ALL_PERIODS 0x01FF 全ての時間軸チャートに表示する


サンプルソース:
#property strict
#property indicator_chart_window

#define OBJNAME "test_obj"

//+------------------------------------------------------------------+
//| 初期化                         
//|------------------------------------------------------------------|
void OnInit(){

    string objname;
    int    visible_time;

    objname      = OBJNAME;

    ObjectsDeleteAll();
    ObjectCreate( objname , OBJ_HLINE , 0,Time[0],Close[0]);                    // ボタンオブジェクト作成

    visible_time = OBJ_PERIOD_M5 | OBJ_PERIOD_M15;
    ObjectSetInteger(0,objname , OBJPROP_TIMEFRAMES , visible_time);            // 5分・15分チャートにのみ表示

    string objname;

}





5分チャートと15分チャートのみ水平線オブジェクト表示する設定にしたので、30分チャートにはオブジェクトが表示されない。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system