トップ  >  リファレンス  >  基本  >  演算子・式  >  ブーリアン演算子
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ブーリアン演算子


NOT論理否定演算子(!)

論理否定(!:感嘆符)の演算は、算術型でなければなりません
演算対象の値がfalse(0)の場合、結果はtrue(1)になります。
演算対象の値がfalse(0)以外の場合は、結果は(0)になります。
サンプルソース:
    bool temp_bool;

    temp_bool = false;
    
    temp_bool = !temp_bool;
    Print(temp_bool);           // 1表示

    temp_bool = !temp_bool;
    Print(temp_bool);           // 0表示


OR論理演算子(||)

x と yのOR論理演算(||)で、x または y のいずれかの値がtrueであれば結果はtrueになります。
全てfalseの場合はfalseになります。
サンプルソース:
    bool x ,y;

    x = true; y = true;
    if ( x || y ) {
        Print("真");            // 真を表示
    }

    x = false; y = true;
    if ( x || y ) {
        Print("真");            // 真を表示
    }

    x = true; y = false;
    if ( x || y ) {
        Print("真");            // 真を表示
    }

    x = false; y = false;
    if ( x || y ) {
        Print("真");
    } else {
        Print("偽");            // 偽を表示
    }


AND論理演算子(&&)

x と yのAND論理演算(&&)で、x または y の両方の値がtrueであれば結果はtrueになります。
いずれかの値がfalseの場合はfalseになります。
サンプルソース:
    bool x ,y;

    x = true; y = true;
    if ( x && y ) {
        Print("真");            // 真を表示
    }

    x = false; y = true;
    if ( x && y ) {
        Print("真");
    } else {
        Print("偽");            // 偽を表示
    }

    x = true; y = false;
    if ( x && y ) {
        Print("真");
    } else {
        Print("偽");            // 偽を表示
    }

    x = false; y = false;
    if ( x && y ) {
        Print("真");
    } else {
        Print("偽");            // 偽を表示
    }


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system