トップ  >  リファレンス  >  マーケット情報  >  SymbolSelect
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
SymbolSelect


SymbolSelect


「気配値表示」の通貨ペアを追加または削除します


関数書式:
bool  SymbolSelect(
   string  name,       // 通貨ペア名
   bool    select      // 追加/削除スイッチ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
name - In 通貨ペア名
select - In 追加/削除スイッチ。
false:「気配値表示」から対象の通貨ペアを削除します。
true:「気配値表示」に対象の通貨ペアを追加します。

対象の通貨ペアのチャートが開かれている場合またはエントリー中の通貨ペアは削除する事が出来ません。



■戻り値
失敗時はfalseを返します


■備考
この関数をインジケータや時系列アクセスで使用する場合、
対象の通貨ペアが「気配値表示」に存在するか確認して下さい。

「気配値表示」に対象の通貨ペアが存在しない場合、
通貨ペアのデータを要求する前にSymbolSelect("通貨ペア名",true)で通貨ペアを追加して下さい。


通貨ペアは最後のアクセスから10分経過以降に「気配値表示」から非表示にする事が出来ます。
最後のアクセスはiOpen(), iHigh(), CopyTime()関数等によるアクセスです。

ターミナルは最後のアクセスから10分間通貨ペアのデータを保持します。
未使用データはその後自動的にターミナルメモリから削除されます。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system