トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartTimePriceToXY
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ChartTimePriceToXY


ChartTimePriceToXY


チャート上の時間と価格をXY座標に変換します



関数書式:
bool  ChartTimePriceToXY(
   long           chart_id,     // チャートID
   int            sub_window,   // サブウインドウ番号
   datetime      time,         // チャート上の時間
   double        price,         // チャート上の価格
   int&           x,            // X座標
   int&           y             // Y座標
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID
0は現在のチャートを意味します。
sub_window - In サブウインドウ番号
0はメインウインドウを意味します。
time - In チャート上の時間(X軸値に変換される)
price - In チャート上の価格(Y軸値に変換される)
x - Out メインチャートウインドウの左上隅を原点としたX軸の値(ピクセル単位)
y - Out メインチャートウインドウの左上隅を原点としたY軸の値(ピクセル単位)



■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
それ以外の場合はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
無し


サンプルソース:
void OnInit() {
    int pixel_x,pixel_y;
    string obj_str;

    ObjectsDeleteAll();

    ChartTimePriceToXY(0,0,Time[0],Close[0],pixel_x,pixel_y);
    printf("時間:%s,レート:%gの座標(%d,%d)" , TimeToStr(Time[0]),Close[0],pixel_x,pixel_y);

    // Time[0],Close[0]の位置に変換したXY軸座標を表示
    obj_str = StringFormat("[%d,%d]",pixel_x,pixel_y);
    ObjectCreate( "Text0", OBJ_TEXT, 0 ,	Time[0],Close[0]);
    ObjectSetText("Text0", obj_str , 11 , "MS ゴシック" , clrWhite);


    ChartTimePriceToXY(0,0,Time[40],Close[40],pixel_x,pixel_y);
    printf("時間:%s,レート:%gの座標(%d,%d)" , TimeToStr(Time[40]),Close[40],pixel_x,pixel_y);

    // Time[40],Close[40]の位置に変換したXY軸座標を表示
    obj_str = StringFormat("[%d,%d]",pixel_x,pixel_y);
    ObjectCreate( "Text40", OBJ_TEXT, 0 ,	Time[40],Close[40]);
    ObjectSetText("Text40", obj_str , 11 , "MS ゴシック" , clrWhite);

}


結果:




時間:2015.05.01 23:00,レート:1.11954の座標(603,123)
時間:2015.04.30 07:00,レート:1.1106の座標(283,220)





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system