トップ  >  リファレンス  >  オブジェクト関数  >  ObjectSetFiboDescription
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ObjectSetFiboDescription


ObjectSetFiboDescription


フィボナッチオブジェクトのレベル説明を設定します


関数書式:
bool  ObjectSetFiboDescription(
   string   object_name,   // オブジェクト名
   int      index          // レベルインデックス
   string   text          // 説明
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
object_name - In フィボナッチオブジェクト名
index - In フィボナッチレベル(0〜31)のインデックス
text - In レベルの新しい説明


■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
失敗した場合はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
フィボナッチレベルの量はオブジェクトタイプによって異なります。
フィボナッチレベルの上限は32個(インデックスは31)です。

サンプルソース:
void OnInit() {

    ObjectSetFiboDescription("Fibo_1",1,"新しい説明"); // 2番目のフィボナッチレベル説明を設定
}




結果:





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system