スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
GlobalVariableTemp


GlobalVariableTemp


一時的なグローバル変数を作成します。


関数書式:
bool  GlobalVariableTemp(
   string  name      // グローバル変数名
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
name - In グローバル変数名



■戻り値
成功した場合はtrueを返します。
それ以外はfalseを返します。

エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。



■備考
一時的なグローバル変数は、クライアントターミナルが実行されている間だけ存在します。
ターミナルが閉じられると自動的に削除されます。
GlobalVariablesFlush()関数の実行中に、一時的なグローバル変数がディスクに書き込まれていない事に注意して下さい。

一時的なグローバル変数を作成した後は、クライアントターミナルのグローバル変数と同様にアクセス・変更が行えます。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system