トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartSetInteger
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ChartSetInteger


ChartSetInteger


指定したチャートに対応するプロパティ値(int,datetime,color,bool,char型)を設定します。
コマンドはチャートメッセージキューに追加され、キューが追加される前に持っているコマンドが処理された後に実行されます。


関数書式:
bool  ChartSetInteger(
   long    chart_id,     // チャートID
   int     prop_id,      // プロパティID
   long  value         // 設定値
   );


関数書式(サブウインドウ用):
bool  ChartSetInteger(
   long    chart_id,     // チャートID
   int     prop_id,      // プロパティID
   uint     sub_window,  // サブウインドウ番号
   long  value         // 設定値
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
chart_id - In チャートID。
0指定は現在のチャートを意味します。
prop_id - In チャートプロパティID。
ENUM_CHART_PROPERTY_INTEGER列挙の値を指定します(読み取り専用プロパティを除く)。
sub_window - In サブウインドウ番号
value - In プロパティ値



■戻り値
コマンドがキューに追加された場合はtrueを返します。
それ以外はfalseを返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
無し




スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system