トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  定義済み定数  >  オブジェクトポインタチェック
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
オブジェクトポインタチェック


CheckPointer()関数は、オブジェクトポインタの種類を確認する為に使用されます。
この関数はENUM_POINTER_TYPE列挙の値を返します。
誤ったポインタが使用された場合、プログラム実行は終了されます。

new()演算子によって作成されたオブジェクトは、POINTER_DYNAMIC型です。
delete()演算子はこのポインタに対して使用します。

他全てのポインタは、MQL4プログラム環境によって自動的に作成されたPOINTER_DYNAMIC型のオブジェクトである事を意味します。
このようなオブジェクトは使用後に自動的に削除されます。
ENUM_POINTER_TYPE
定数 詳細
POINTER_INVALID 不正なポインタ
POINTER_DYNAMIC new()演算子で作成されたオブジェクトポインタ
POINTER_AUTOMATIC 自動的に作成されたオブジェクトポインタ


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system