スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
CopyTickVolume


CopyTickVolume


指定した通貨ペア・時間軸の出来高のヒストリーデータを取得し、コピー先配列へコピーします。
コピーされたデータの要素の順序は、従来のものと同じです。




コピーするデータ量が未知数の場合、コピー先配列は動的配列を使用する事をお勧めします。
動的配列であれば、要求されたデータ数がコピー先配列のサイズを超える場合、
要求されたデータが収まるようにメモリの再割り当てを行います。

コピーするデータ量が決まっている場合、過剰なメモリ割り当て防止の為に、
静的配列を使用する事をお勧めします。

コピー先配列の時系列プロパティに影響される事はありません。
配列に割り当てられた物理メモリの先頭からデータの貼り付けをします。


関数の呼び出しは3種類のバリアントがあります。


関数書式(コピー開始位置とコピー数を指定):
int    CopyTickVolume(
   string            symbol_name,       // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES  timeframe,         // 時間軸
   int                start_pos,         // コピー開始位置
   int                count,             // コピー数
   long               volume_array[]     // コピー先配列
   );


関数書式(コピー開始日とコピー数を指定):
int    CopyTickVolume(
   string            symbol_name,       // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES  timeframe,        // 時間軸
   datetime          start_time,       // コピー開始する日時
   int                count,            // コピー数
   long               volume_array[]    // コピー先配列
   );


関数書式(コピー開始日とコピー終了日を指定):
int    CopyTickVolume(
   string            symbol_name,       // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES  timeframe,         // 時間軸
   datetime          start_time,        // コピー開始する日時
   datetime          stop_time,         // コピー終了日時
   long               volume_array[]     // コピー先配列
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
symbol_name - In 通貨ペア名
timeframe - In 時間軸
start_time - In コピー開始する要素のオープン時間
start_pos - In コピー開始する要素位置
count - In コピーする要素数
stop_time - In コピー終了する要素のオープン時間
volume_array[] - Out コピー先のlong型配列



■戻り値
コピーされた要素数を返します。
エラーの場合は-1を返します。



■備考
要求したデータ範囲のデータがサーバー上の利用可能データの範囲外にある場合、戻り値は-1を返します。
TERMINAL_MAXBARS(チャート上のバーの最大数)を超えたデータを要求した場合、戻り値は-1を返します。

インジケータかでデータを要求する時、
要求された時系列がまだ構築されておらずサーバーからダウンロードする必要がある場合、戻り値は-1を返します。
エラーを返しますが、ダウンロード・構築プロセスは開始されます。

EAとスクリプトでデータを要求する時、
ターミナルがローカルデータに要求されたデータを持っていない場合は、サーバーからデータのダウンロードを開始します。

この関数はタイムアウト期間の間で準備されたデータ量を返しますが、ヒストリーデータのダウンロードは継続します。
次に同様の要求を行った場合、関数はより多くのデータを返します。

コピー開始日時とコピー数の引数でデータ要求した場合、
指定した日時以下の値のみコピーします。
この日時は任意のバーのオープン時間を意味します。

コピー開始日時とコピー終了日時の引数でデータ要求した場合、指定した日時の範囲のデータのみコピーします。
設定した日時の範囲は秒単位までカウントされます。
この日時は任意のバーのオープン時間を意味します。

現在の曜日が土曜日の場合、
timeframe=週足、start_time=今週の水曜日の日時、stop_time=今週の金曜日の日時の範囲でデータ要求した場合、
戻り値は0を返します。
これは週足のオープンタイムが常に日曜になる為、週足バーが指定した範囲に該当しない為です。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system