トップ  >  リファレンス  >  配列関数  >  ArrayCompare
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
ArrayCompare


ArrayCompare


同じ型の2つの配列を比較した結果を返します。

複雑なオブジェクト(文字列動的配列を含んだ構造体やクラス)の比較は出来ません。
シンプルな型の配列のみ比較出来ます。


関数書式:
int  ArrayCompare(
   const void&  array1[],            // 比較元配列
   const void&  array2[],            // 比較先配列
   int          start1=0,            // 比較元配列のオフセット
   int          start2=0,            // 比較先配列のオフセット
   int          count=WHOLE_ARRAY    // 比較する要素数
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
array1[] - In 比較元配列
array2[] - In 比較先配列
start1 0 In 比較を開始する比較先配列のインデックス。指定したインデックスから比較を開始します。
省略した場合は、インデックス0から比較を開始。
start2 0 In 比較を開始する比較元配列のインデックス。指定したインデックスから比較を開始します。
省略した場合は、インデックス0から比較を開始。
count WHOLE_ARRAY In 比較する要素数を指定します。
省略した場合は、全要素を比較します。


■戻り値
戻り値 詳細
-1 比較元配列 < 比較先配列
0 比較元配列 = 比較先配列
1 比較元配列 > 比較先配列
-2 エラー。
異なる種類の配列で比較を行った、
または、比較する要素数(count)が比較元配列・比較先配列の範囲外を示している時


■備考
配列のサイズが異なり、いずれかの配列がもう一つの配列の忠実なサブセットであって、 かつ count= WHOLE_ARRAY である場合は0(両配列は等しくない)が返されません。
この場合、両方の配列サイズを比較した結果が返されます。
array1[]のサイズがarray2[]のサイズより小さい場合は-1を返し、それ以外は1を返します。
スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system