トップ  >  リファレンス  >  チャート操作  >  ChartOpen
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
ChartOpen


ChartOpen


指定した通貨ペア・時間軸の新しいチャートを開きます。
コマンドはチャートメッセージキューに追加され、キューが追加される前に持っているコマンドが処理された後に実行されます。


関数書式:
long  ChartOpen(
   string            symbol,     // 通貨ペア名
   ENUM_TIMEFRAMES  period      // 時間軸
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
symbol - In 通貨ペア名。
NULL指定は現在チャートの通貨ペアを意味します。(EA実行しているチャートの通貨ペア)
period - In 時間軸。
ENUM_TIMEFRAMES列挙の値を指定します。0は現在チャートの時間軸を意味します。



■戻り値
成功した場合、開かれたチャートのIDを返します。
それ以外は0を返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
ターミナル内で開けるチャートウインドウの上限(CHARTS_MAX)を超えて開く事は出来ません。





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system