トップ  >  リファレンス  >  マーケット情報  >  SymbolInfoString
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
SymbolInfoString


SymbolInfoString


指定した通貨ペアに対応するプロパティ(string型)を返します。

この関数は2種類のバリアントがあります。

関数書式(戻り値にプロパティ値を返します):
string  SymbolInfoString(
   string                      name,       // 通貨ペア名
   ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE  prop_id     // プロパティID
   );


関数書式(引数にプロパティ値を出力します):
関数が正常に実行されたか否かの結果を戻り値に返します。
成功した場合、引数参照にプロパティ値を渡します。
bool  SymbolInfoString(
   string                   name,       // 通貨ペア名
   ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE  prop_id,     // プロパティID 
   string&                  string_var    // プロパティ値の出力
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
name - In 通貨ペア名
prop_id - In プロパティID。
ENUM_SYMBOL_INFO_STRING列挙の値を指定します。
string_var - Out 指定したプロパティに対応した値をstring型で設定します。



■戻り値
string型の値を返します(1つ目のバリアントの場合)。
エラーコードGetLastError()関数で取得します。



■備考
最後に受信したtick情報を取得する場合はSymbolInfoTick()関数を使用する事をお勧めします。

ターミナルが取引アカウントで接続してから、未だクォート受信していない場合、
SymbolInfoTick()関数でtick情報を要求した場合は不定値になります。




スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system