トップ  >  リファレンス  >  MQL4プログラム
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ

天才数学者のエドワード・オークリー・ソープの物語とジョン・ケリーの公式は必見です。
MQL4プログラム


MQL4プログラムが動作する為にはコンパイル(F7キーかコンパイルボタンを押す)する必要があります。

エラー無しでコンパイルを通す必要があります(いくつかの警告から分析する必要があります)。

このプロセスによって、
同じファイル名の.ex4拡張子を持つ実行可能ファイルが、対応するディレクトリに作成されます。
この.ex4ファイルを実行する事が出来ます。
プログラム フォルダ
EA ターミナルディレクトリ\MQL4\Experts
カスタムインジケータ ターミナルディレクトリ\MQL4\indicators
スクリプト ターミナルディレクトリ\MQL4\scripts




MQL4プログラムの動作の特徴は以下のセクションで説明します。
セクション 詳細
プログラム実行 事前に定義されたイベントハンドラを呼び出します
クライアントターミナルイベント プログラムで処理できるイベント
インポート関数のコール インポート関数の、記述順・許可されたパラメータ・検索詳細・呼び出し
ランタイムエラー 実行時の重大なエラーに関する情報取得
ストラテジーテスターについて ストラテジーテスターでのプログラム処理



EA・インジケータ・スクリプトは、
クライアントターミナルのナビゲータウインドウからドラッグ&ドロップして、チャートに適用します。

EAの動作を停止させるためには、チャート上からEAを削除する必要があります。
チャート上からEAを削除するには、チャートを右クリックし「エキスパートアドバイザー」⇒「削除」をクリックします。

またEAによる自動売買は、「自動売買」ボタンの状態に影響されます。

インジケータを停止させるには、チャート上から削除する必要があります。
EAとインジケータはチャートから削除されるまで動作し続けます。

チャートに適用したEAとカスタムインジケータの情報はクライアントターミナルセッション間で保存されます。
つまりクライアントターミナルを一度閉じて再起動してもチャートに適用された状態で再開します。

スクリプトは一度だけ実行されます。
スクリプト処理完了・チャート状態が変化・クライアントターミナルシャットダウンのいずれかで自動的に削除されます。
スクリプト情報は保存されないので、クライアントターミナル再起動時にはスクリプト処理が再開される事はありません。

1つのチャート上で動作できる数は、
EAは1つだけ、
スクリプトも1つだけ、
カスタムインジケータは無制限です。

スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system