トップ  >  リファレンス  >  ファイル関数  >  FileWriteArray
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
FileWriteArray


FileWriteArray


BINファイルに配列データ(文字列データを除く)の内容を書き込みます。
(文字列・動的配列を含まない構造体配列も可能)



関数書式:
uint  FileWriteArray(
   int          file_handle,         // ファイルハンドル
   const void&  array[],             // 配列データ
   int          start=0,             // 配列の開始位置
   int          count=WHOLE_ARRAY    // 要素数
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
file_handle - In FileOpen()関数で返されたファイルハンドルを指定します
array[] - Out 書き込む配列データ
start 0 In 配列の開始位置(指定した位置のデータから書き込み始めます)
count WHOLE_ARRAY In 書き込む要素数(WHOLE_ARRAYは開始位置以降のデータを全て書き込みます)


■戻り値
書き込んだバイト数を返します。
エラーの場合は0を返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。


■備考
数値は文字列に変換されます。

文字列(string)配列はTXTファイルに書き込む事が出来ます。
この場合、自動的に行末に改行文字"\r\n"が書き込まれます。
ファイルの種類はANSIとUNICODEで、文字列はいずれかに変換されます。



スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system