トップ  >  リファレンス  >  ファイル関数  >  FileWriteString
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
FileWriteString


FileWriteString


ファイルポインタの現在位置に文字列データを書き込みます




関数書式:
uint  FileWriteString(
   int          file_handle,         // ファイルハンドル
   const string  text_string,    // 書き込む文字列
   int           length=0       // 文字数   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
file_handle - In FileOpen()関数で返されたファイルハンドルを指定します
text_string - Int 書き込む文字列
length 0 Int 書き込む文字数。
BINファイルに書き込む時に指定します。
サイズ指定しない場合、文字列全体が書き込まれます。
文字列の長さよりも小さいサイズ(0以外)を指定した場合、文字列の一部分だけ書き込まれます。
文字列の長さよりも大きいサイズを指定した場合、超過分を0埋めして書き込みます。

CSV,TXTファイル形式の場合、この設定値は無視され文字列全体を書き込みます。


■戻り値
書き込んだバイト数を返します。
エラーの場合は0を返します。
エラーコードの確認はGetLastError()関数を使用します。

書き込み成功後、ファイルポインタは対応するバイト数分だけシフトします。


■備考
FILE_UNICODEフラグで開かれたファイル(またはFILE_ANSIフラグ指定していない)に書き込んだ場合、
書き込まれたバイト数は、書き込まれた文字列の文字数の2倍になります。

FILE_ANSIフラグで開かれたファイルに書き込んだ場合、
書き込まれたバイト数は、書き込まれた文字列の文字数と一致します。


スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system