トップ  >  リファレンス  >  基本  >  関数  >  外部関数のインポート
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
外部関数のインポート


他モジュールにおいて定義される外部関数の型は、明示的に記載しなければなりません。
明示的に記載しない場合、コンパイル時・ビルド時またはプログラム実行時にエラーを招きます。
外部オブジェクトを記載する時、#importを使ってモジュール名を記載して下さい。

サンプルソース:
#import "user32.dll"
  int     MessageBoxW(int hWnd ,string szText,string szCaption,int nType);
#import "lib.ex4"
  double  round(double value);
#import

インポートにより、外部DLLまたはコンパイルされたex4ライブラリから関数を簡単に呼ぶ事が出来ます。
ex4ライブラリはコンパイルされたex4ファイルです。
それはライブラリプロパティを持っています。

export修飾子で書かれた関数だけが、ex4ライブラリからインポート出来ます。
dllとex4ライブラリを覚えておく必要があります。
dllとex4ライブラリを一緒にインポートする場合、異なる名前にする必要があります。

インポートされた関数の全ては、ライブラリのファイル名と一致するスコープ定義を持ちます。
同じ名前の関数を使う事は曖昧さを引き起こします。
関数呼び出しの曖昧さを避ける為に、常に明示的にスコープ定義演算子を使って関数を指定して下さい。

サンプルソース:
#import "kernel32.dll"
   int GetLastError();
#import "lib.ex4"
   int GetLastError();
#import
 

int OnInit(){

    Print(kernel32::GetLastError()); // dllライブラリの関数を呼び出し
    Print(lib::GetLastError());      // ex4ライブラリの関数を呼び出し

    return 0;   
        
}







スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system