トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  チャート定数  >  チャート位置決め定数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
チャート位置決め定数


ENUM_CHART_POSITIONの識別子は、ChartNavigate()関数で使用可能な値です。

ENUM_CHART_POSITION
ID 詳細
CHART_BEGIN チャートの先頭(最も古い価格)
CHART_CURRENT_POS 現在の位置
CHART_END チャートの最後(最も新しい価格)


サンプルソース:
    long handle = ChartOpen("USDJPY", PERIOD_M5);         // USDJPY 5分足チャートを開く

    if( handle != 0) {                                       // 開いたチャートのハンドル取得していたら処理する
        ChartSetInteger(handle,CHART_AUTOSCROLL,false); // オートスクロール:OFF
        ChartSetInteger(handle,CHART_SHIFT      ,true);  // チャートシフト  :ON
        ChartSetInteger(handle,CHART_SCALE      ,4);     // チャートスケール:ズーム4

        ChartNavigate(handle,CHART_BEGIN,50);            // 最古のバーから50本シフトした場所を表示

    }


■普通に開いたドル円5分足チャート



■サンプルソース実行によって開かれたドル円5分足チャート


ヒストリーデータの最も古いデータが2015年4月7日 9:00の環境で実行したので、
チャートの表示開始位置は2015年4月7日 13:00(5分足のバーを50本(4時間)シフト)。






スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system