トップ  >  リファレンス  >  標準定数・列挙・構造体  >  入出力定数  >  メッセージボックスの定数
スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
メッセージボックスの定数


メッセージウィンドウにキャンセルボタンがある場合、
ESCキーまたはキャンセルボタンが押された時に、メッセージボックス関数はIDCANCELを返します。

メッセージボックス関数の戻り値コード
定数 詳細
IDOK 1 OKボタンが押された
IDCANCEL 2 キャンセルボタンが押された
IDABORT 3 中止ボタンが押された
IDRETRY 4 再試行ボタンが押された
IDIGNORE 5 無視ボタンが押された
IDYES 6 はいボタンが押された
IDNO 7 いいえボタンが押された
IDTRYAGAIN 10 再実行ボタンが押された
IDCONTINUE 11 続行ボタンが押された



MessageBox()関数の主なフラグは、内容とダイアログウインドウ動作を定義します。
このフラグは他グループのフラグと組み合わせる事が出来ます。
定数 詳細
MB_OK 0x00000000 メッセージウインドウのボタンは1つです。
[OK]ボタンのみ。
MB_OKCANCEL 0x00000001 メッセージウインドウのボタンは2つです。
[OK] [キャンセル]ボタン
MB_ABORTRETRYIGNORE 0x00000002 メッセージウインドウのボタンは3つです。
[中止] [再試行] [無視]ボタン
MB_YESNOCANCEL 0x00000003 メッセージウインドウのボタンは3つです。
[はい] [いいえ] [キャンセル]ボタン
MB_YESNO 0x00000004 メッセージウインドウのボタンは2つです。
[はい] [いいえ]ボタン
MB_RETRYCANCEL 0x00000005 メッセージウインドウのボタンは2つです。
[再試行] [キャンセル]ボタン
MB_CANCELTRYCONTINUE 0x00000006 メッセージウインドウのボタンは3つです。
[キャンセル] [再実行] [続行]ボタン



メッセージウインドウにアイコンを表示する為には、追加フラグ指定が必要です。

定数 詳細
MB_ICONSTOP,
MB_ICONERROR,
MB_ICONHAND
0x00000010 ストップアイコン
MB_ICONQUESTION 0x00000020 クエスチョンアイコン
MB_ICONEXCLAMATION,
MB_ICONWARNING
0x00000030 感嘆符/警告アイコン
MB_ICONINFORMATION,
MB_ICONASTERISK
0x00000040 インフォメーションアイコン



デフォルトボタンは次のフラグで定義されています。
メッセージウインドウが表示された時に指定されたボタンがフォーカスされます。
定数 詳細
MB_DEFBUTTON1 0x00000000 最初のボタンをデフォルト
MB_DEFBUTTON2 0x00000100 2番目のボタンをデフォルト
MB_DEFBUTTON3 0x00000200 3番目のボタンをデフォルト
MB_DEFBUTTON4 0x00000300 4番目のボタンをデフォルト




サンプルソース:
    int msgret;
    
    msgret = MessageBox("テストメッセージ",
                        "ヘッダ",
                        MB_ICONINFORMATION | MB_YESNOCANCEL | MB_DEFBUTTON2 );

                        
    if ( msgret == IDYES ) {
        Print("はい");
    } else if ( msgret == IDNO ) {
        Print("いいえ");
    } else if ( msgret == IDCANCEL ) {
        Print("キャンセル");
    } else {
        Print("他");
    }      




スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system