スポンサーリンク
検索
カスタム検索
リファレンスツリー
オススメ
SetIndexBuffer


SetIndexBuffer


double型の1次元配列データをインジケータバッファにバインドします。


関数書式:
bool  SetIndexBuffer(
   int                    index,         // インジケータバッファインデックス
   double                 buffer[]      // 配列データ
   );



■引数
引数名 初期値 I/O 詳細
index - In インジケータバッファのインデックス。
インデックスは0から始まります。
#property indicator_buffersで宣言した値より小さい値を設定します
buffer[] - In カスタムインジケータプログラムで宣言した配列を指定します。
(インジケータ描画したいデータ配列を指定)


■戻り値
成功した場合trueを返します。
失敗した場合falseを返します。


■備考
バインド後は、動的配列バッファ(buffer[])は共通配列のようにインデックス付けされます。
時系列のインデックス付けであってもバインドされた配列にプリインストールされています。

インジケータ配列要素へのアクセス順を変更したい場合は、
SetIndexBuffer()関数でバインドした後の配列に対して、ArraySetAsSeries()関数を使用します。

SetIndexBuffer()関数によって設定したインジケータバッファの動的配列サイズは変更できない事に注意する必要があります。
インジケータバッファは、サイズ変更は全てターミナルのサブシステムによって実行されます。


サンプルソース:
// インジケータウインドウ設定
#property  indicator_separate_window          // インジケータをサブウインドウに表示
#property  indicator_minimum    -1000         // サブウインドウのスケール下限:-1000
#property  indicator_maximum     3500         // サブウインドウのスケール上限: 3500

// インジケータ設定
#property  indicator_buffers   2                // インジケータバッファ:2つに設定
#property  indicator_color1    clrGreen       // インジケータ1の色:Green
#property  indicator_color2    clrWhite       // インジケータ2の色:White
#property  indicator_width1    2                // インジケータ1の太さ:2
#property  indicator_width2    1                // インジケータ2の太さ:1
#property  indicator_type1     DRAW_HISTOGRAM // インジケータ1の種類:ヒストグラム
#property  indicator_type2     DRAW_LINE      // インジケータ2の種類:線

// レベルライン設定
#property indicator_level1	      0           // レベルライン:0
#property indicator_level2	   1000           // レベルライン:1000
#property indicator_level3	   2000           // レベルライン:2000
#property indicator_level4	   3000           // レベルライン:3000

#property indicator_levelcolor clrGray        // レベルラインの色:Gray
#property indicator_levelwidth   1              // レベルラインの太さ:1
#property indicator_levelstyle STYLE_DOT      // レベルラインの種類:ドット線


double ExIndLine[100];                          // インジケータバッファ:ライン用
double ExIndVol[100];                           // インジケータバッファ:ヒストグラム用

//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//|------------------------------------------------------------------|
void init()
{
    SetIndexBuffer(0,ExIndVol);              // ExIndVolをインジケータ1に登録
    SetIndexBuffer(1,ExIndLine);             // ExIndLineをインジケータ2に登録
}


//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(
                const int       rates_total,    // 入力された時系列のバー数
                const int       prev_calculated,// 計算済み(前回呼び出し時)のバー数
                const datetime& time[],         // 時間
                const double&   open[],         // 始値
                const double&   high[],         // 高値
                const double&   low[],          // 安値
                const double&   close[],        // 終値
                const long&     tick_volume[],  // Tick出来高
                const long&     volume[],       // Real出来高
                const int&      spread[])       // スプレッド
{
    int icount = 0;
    int icountend;
    
    icountend = rates_total -  prev_calculated;
    if ( icountend >= rates_total ) {
        icountend = rates_total - 1;
    }

    for( icount = 0; icount <= icountend ; icount++ ) {
        ExIndVol[icount]  = tick_volume[icount];   // インジケータバッファに出来高を代入
        ExIndLine[icount] = tick_volume[icount];   // インジケータバッファに出来高を代入
    }

    return(rates_total);
}





スポンサーリンク



Copyright ©2015 MT4でEA自作しちゃお〜 All Rights Reserved.


Top

inserted by FC2 system